0465-21-3370
営業時間
平日:9:00~18:00

追突事故の過失割合

  1. 山崎夏彦法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 追突事故の過失割合

追突事故の過失割合

追突事故の過失割合は、基本的に【追突された側0:追突した側10】となります。
もっとも、追突された側である場合においても、事故に際して、明らかな道路交通法違反などが存在する場合には過失が問われる可能性があります。
以下に、追突事故において追突された側が過失に問われるケースをご紹介します。

・駐停車の場所や方法を守っていなかった場合
道路交通法では「交差点・横断歩道・自転車横断帯・踏切・坂の頂上付近・急な坂またはトンネル・交差点の側端または道路の曲がり角から5m以内の部分等」と、駐停車禁止場所が定められています。
また、「人の乗降または貨物の積卸しのため停車するときは、“できる限り”道路の左端に寄り、他の交通の妨害とならないようにしなければならないこと」など、駐停車の方法についても規定が存在するため、これら駐停車の場所や方法の規定に違反した場合には過失が問われる可能性があります。

・不要の急ブレーキがあった場合
自動車の走行中についても、追突された側が明らかに不要な急ブレーキをしたために追突事故が起こったと判断される場合には、過失が問われる可能性があります。

こうした追突事故に際し、追突された側が過失割合をゼロにするには、自らに過失はなかったということをしっかりと主張していくことが重要です。
不利な立場を避け、円滑に手続きを進めていくためにも、事故処理手続きの際は弁護士にお早めに相談されることをお勧めします。

追突事故についてお悩みの方は、山崎夏彦法律事務所までご相談ください。

山崎夏彦法律事務所が提供する基礎知識

  • 追突事故の過失割合

    追突事故の過失割合

    追突事故の過失割合は、基本的に【追突された側0:追突した側10】となります。 もっとも、追突された側で...

  • 相続放棄

    相続放棄

    相続放棄とは、初めから相続人でななかったとして、被相続人の遺産相続しないことをいいます。 ■相続放棄...

  • 死亡事故

    死亡事故

    死亡事故が発生した場合、加害者は主に3つの法的責任を負うことになります。 1つ目が、刑事責任です。 ...

  • 横領罪の時効について

    横領罪の時効について

    横領罪とは会社や他人が自身に預けているお金や物を勝手に自分のものにしたり、売ってしまったりすることをさ...

  • 賃料の回収

    賃料の回収

    賃貸借契約において、賃借人の賃料の不払いは契約の解除事由となります。しかし、通常1か月程度の賃料不払...

  • 遺言作成

    遺言作成

    遺言とは、一定の方式で示された個人の意思に、この者の死後、それに即した法的効果を与える制度のことをいい...

  • 相続税

    相続税

    相続税とは、被相続人(亡くなった方)の遺産相続をした場合や、遺言によって財産を取得した時に納める税金で...

  • 裁判離婚

    裁判離婚

    ■離婚裁判とは 離婚調停が不成立となった場合には、離婚裁判により決着をつけることになります。裁判の結果...

  • 明渡し・立ち退き

    明渡し・立ち退き

    期間満了によって契約が終了し、賃借人がアパートやマンションを明渡しや立ち退きする際にも、様々トラブルが...

よく検索されるキーワード

ページトップへ